地元大和田一丁目のイタリアン!~小さな台所カンパネ食堂~

チャオ!今日も来ましたよ。グルメ探偵団の二人

今回は、灯台下暗し。こんな近くに美味しいイタリアンがあったのかと頭を強く叩かれた感のあるリポートです。

食べログを検索したり、埼玉グルメ本に紹介されていたり、ご存知の方も多いのでしょう?僕は、何回も第二産業道路を通ったり、向かいのモスバーガー、ENEOSで燃料補給してたのに、まったく目に入らなかったんです。情けなかぁ!グルメ発見の眼力がなかったことに少々肩を落としながら、3月12日、お邪魔することにしました。予め土曜のランチは混むと言うことが調査済みだったので、3日前に当日13:00の予約を入れましたよ!

産業道路、大和田交差点を上尾方向へ200mほど走ると左側に駐車場を発見!右車線スピードを出してたらわからないかな?東武野田線もといアーバンパークライン(しっくりこないなぁ)大和田駅から歩いても10分ちょいでしょうか?

カンパネ駐車場

13:00そろそろお客さんの入れ替えで空いてくるころかな?などと思いつつ駐車場からお店へと歩き出します。

入口

ジャーン!キャッチコピーにぴったりの店構えですね!

「イタリアの小さな台所 カンパネ食堂」

よし、Kちゃんお店に入ろう!

店内の様子

店内は適当な広さで40名くらいは入れるのかな?”美味しいイタリアンをいただきながらのLIVE”とかも出来るかな?などと妄想を抱きつつ、予約をした席に着きました。お客様はいっぱいで、コート、バッグ等を入れる衣装ケースはない模様!?ま、食堂だからいっか!(汗)

ランチコースを予約したので、テーブルにメニューはなかったのですが、入口に掲示されていたので紹介しておきますね!プリーズPHOTO!ピッ

メニューです

さて、前菜に期待しましょう!5分ほど待つと、出てきましたよ!大皿に7種類も乗っています。店員さんがひとつひとつ説明してくれるのですが、覚えきれません!とりあえず、プリーズPHOTO!ピッ

前菜

こんな感じで、①サーモンのムース②かぼちゃのゼリーよせ③モッツァレラチーズのクロスティーニ④鯖のリエットシュークリームの皮サンド⑤ホンビノス貝のマリネ⑥ふきのとうのバーニャカウダー⑦春野菜のなんちゃらかんちゃら(失礼、忘れました)イタリアンの料理のネーミングはどれも、ネコ語が含まれているようで覚えきれないニャ!

7種類どれも種を凝らしていて、バリエーション豊かにいただきました。その日仕入れた食材達をふんだんに使っているんですって!

次に運ばれてきたのはこれ!

マリネ あわおどりサラダ

右がサラダ、カンパチのマリネ。奥は四国鶏の「阿波踊り」四国と阿波踊り?これ、かけてますよね?手前に写ってるのは、モッツァレラフリット。チーズはトローリかなと思ったのですが意外や、もっちりとしています。モッツァレラがもっちり?これもかけてたりして(笑)

ガーリックトースト、これはサラダと一緒に出てきました。フランスパンはまわりがけっこう固いのですが、ここのパンはそれほどでもありません。たぶんオリーブ油が塗ってあるからでしょう。

ガーリックトースト

そして次に登場は、50センチは超えていると思われる木製のトレーになが~いソーセージ&小エビとルッコラのハーフピザ。「シェフの気まぐれピザ」と言うらしい。お味はガーリックトマト。いやはやお腹がイタリアーーーンな感じ(どんな感じじゃ)になってきましたよ。辛いもの好きな僕は、当然のようにタバスコオイルをかけまくり。

長いソーセージピザ

ピザ拡大

ここで店員さんから、「フランスパンのおかわりはいかがですか?」と言われたのですが、この先、どれくらいの量で何の料理が出てくるのかわからないので、お腹がすでにイタリアーーンって目で合図をしてご遠慮させていただきましたよ。

次に運ばれてきたのは、パスタ!これでもかと生の桜エビ、カジキマグロ、はまぐりがハーモニーしています。パスタは生パスタ。こんな海鮮の組み合わせを考えるシェフの思考回路に脱帽です。お味は、もう少々うすくても良かったかな?

パスタ

さて、いよいよメインデッシュでしゅ!イタリアではメインセコンドピアット(主菜)と言うらしいですが…牛フィレ肉のフリーニャだったかフォローニャだったか?牛フィレ肉にバルサミコスソースがかかっているものです。

メインディッシュ 肉

アスパラ、ヤングコーン、赤カブ、ししとうがきれいに添えられています。お肉もとても柔らかく絶品でしたよ。ただし、おなかはかなりのイタリアーーーンなのよねぇ!

ここで、お料理は終了で、デザートの登場です。これもまた、びっくりたまげた、大皿に一口サイズとはいえ6種類のドルチェが出てくるんだもの…

イタリアーーーンだって言ってるのに…(汗)

ドルチェ

シャーベット

グレープフルーツのシャーベット。これはさっぱりしてて美味しかったよ!

キャラメルとリンゴのムース

キャラメルとリンゴのムース

ミルクレープ

ミルクレープ

ガトーショコラとオレンジパウンド

ガトーショコラとオレンジパウンドケーキ

コーヒー

コーヒーでございます。

本日はイタリアーーンな気分にさせていただき、ありがとうございました。

こんな近いところに本場イタリアの台所が堪能できる場所があったとは夢にも思わなかったよ!

PS こんなボリューミィなランチメニューなのに、後日「お腹の空き具合によっては もう1品ずつパスタの追加もできます」と
お店の方から提案されるそうです。皆さん、来店の際には、ひとまわり大きいサイズのズボンを履いて、朝ごはんは抜きで行くといいかもですね?

もう少し若い時に行くのだったと反省しきりのグルメ探偵団でした。 お粗末…

 

 

ロマンスカーに揺られてザ・フジヤ~宮ノ下富士屋ホテルのフレンチだよ!~

さて、2月半ばの火曜日、前々回禁断の地神奈川県江の島へ足を踏み入れてしまった”グルメ探偵団”今は亡き村下孝蔵さんのロマンスカーを口ずさみながら、箱根9号の先頭車両に乗り込みましたよ!

♪愛を貯めてた少しずつ君を満たしていたかった…
君の好きなロマンスカーは二人の日々を駆け抜け…♪

村下孝蔵さんのギターテクニックは相当なものだったなぁ!などと思っている間にロマンスカーは動き出しました。売店で買ったスパークリングワインと柿の葉寿司、崎陽軒のシューマイで腹ごなしです。相模大野を過ぎたあたりでは、二人ともすっかり夢気分が夢の中へ!あっと言う間に車掌さんの「次は小田原~」のアナウンスでお目覚め。あっ、富士山見るの忘れたぁ!

箱根湯本の改札を抜け、足早にバスターミナルへ。早春の温泉地の空気はいいね!10分遅れの箱根登山バスがちょうど到着。車内の混雑もなくラッキー!!

さて、バスは山道をぐんぐん登り、やってきました宮ノ下温泉、ホテル前。

バス停

明治11年創業のクラシックホテル、名門「富士屋ホテル」です。文化財に登録された建物は、著名人も数多く宿泊した格式高いホテルです。箱根駅伝のTV放映でもよく見る建物ですね。

富士屋ホテル外観

外観

明治の浪漫だねぇ!ジョンレノンもヨーコとスイートルームに宿泊したんだよ!ホテルに入るとレッドカーペットのお迎えです。

レッドカーペット

日本建築の良さを存分に感じます。レストラン入口にも、歴史を感じさせるお二人のコンシェルジュがお出迎え。

レストラン入口

食の期待が高まります。二人ともまだロマンスカーのお酒が効いてるし、お腹もまだ空いてないけど、食べますよ!食べますとも…死ぬ気で食べますよ!

席に案内され、ふと天井に目をやります。立派な天井です。職人さん、良い仕事をしてますねぇ! 手を叩くと響くのかな?パンパーン!

天井

テーブル上のメニュー(お品書き)に目をやります。137周年記念ランチコース Belle Époque~ベルエポック~

お品書き

品数はわりとあっさりしています。まっ、LAUNCHだからこんなものですかね!とは言え、美味しいの頼みますよ!

カリフラワーのスープ

スープの登場です。カリフラワーのお味が口の中に広がります。これは酔い醒ましには、優しい!超いけます。3分ほど遅れてパンが出てきましたよ!富士屋ホテル直営のベーカリー&スイーツ”PICOT”での焼き立てパンです。ライ麦パン、フランスパン、胡桃フランスの3種類が食卓を飾ります。スープの残りをパンにつけて… 舐めたようにお皿が綺麗になりました。(汗)

パン

お次は、お魚です。「虹鱒の富士屋風」ふわふわのニジマスがバター、醤油、みりんのお味に溶けてとっても美味です。Kちゃん綺麗に食べたね!皆さんにお披露目~

ニジマス

食前

きれいに食べた

食後

メインディッシュ「牛フィレ肉のサワークリーム和え」

牛ひれ肉

里芋のフライドポテト(珍しい)と人参のグラッセ、バターライスが添えられさわやかなサワークリームでいただきました。インドの香辛料が鼻をくすぐります。もう、お腹が苦しい~!!

最後は、お決まりの別腹。チョコレートナッツサンデースイーツ

濃厚アイスにナッツ。チョコレートがけにラズベリーとミントの葉が目に鮮やかです。僕は歯が弱いので、ナッツはどうも…(汗)

今日もおいしゅうございました。ザ・フジヤは登録文化財ですぞ!

ホテルレストラン説明

腹十二分目、こりゃ妊娠8か月くらいかな?

都会の喧騒を離れ、箱根に来たのだから、ゆっくり温泉に浸かって帰ろうっと…!! 貸切風呂にでも入ろうっか???

私たちこれからいいところ~♪音楽活動もやらないとなぁ!!

では、また… ばいちゃ!