春日部ベルパエーゼ

すっかり「おかもと」で気を良くして、本日はイタリアン。またまたスマホで検索! な、なんと!5つ星つけてる人がいるぅ!さっそくKちゃんに連絡。私設グルメ探偵団は今日も行く。

黄昏ちょい手前の18時、備後東4丁目。4号線武里とせんげん台の間。ありました。薪窯ピッツァとパスタおいしいケーキやさん家族のイタリアン「ベルパエーゼ」

広い駐車場とお洒落な建物が僕たちを少しリッチな気分にさせます。これはもう写真撮るっきゃないね。で、パシャ!

 

注文したのは、お二人様ディナーメニューのピエモンテ。スープ、たっぷりのサラダ(2種類のサラダから好きなほうを選べる)コースの厳選お好きなピッツァ1種類とお好きなパスタ1種類、そしてお好きなスイーツセットと飲み物。これ完食したら、お腹が膨れるよ。案の定食べきれず、ピッツァはホイルに包んでもらいテイクアウト。料理の写真を撮ってきたので以下紹介させてもらいますね

 

スープはミネストローネ、サラダはチーズたっぷりシーザーサラダを選択しました。店員さんがチーズを削ってくれてサラダに乗せてくれました。チーズを好んで食べない僕も思わず舌鼓を打ちました。

おいちぃぃ~!

 

パスタは海老ときのこのトマトクリームパスタ。もっちりひらべったい生パスタが絶妙で、ソースも濃厚かなと思わせつつ、案外すっきりお腹に入っていきました。地中海のお味がと言いたいところでしたが地中海の味なんて知らないし・・・。

半分も食べてないうちに次に運ばれて来たのが大きなピッツァ。たぶん、ばんばひろふみの顔より大きいかも。(バンバン知ってる人いるかな?)男爵と明太子のタラモソースのピッツァ。 これ、まじ、まいうぅ~ 両ほっぺに指さしちゃう。

さてさて、仕上げはスイーツ。看板でうたってるようにおいしいケーキ屋さんだから期待しちゃいますよ。食事の後でおなかはいっぱいだけど、これは別腹。チョイスしたのは、チーズスフレとフルーツタルトのセット。何やらシャーベットと謎のチップのようなものが・・・。これ、砂糖を焼いたものみたい。そうだ!お祭りの縁日で売ってるカルメ焼きと同じ。砂糖の焦げた香りとチョコチップがコラボってます。シャーベットはストロベリーとマンゴー。ベリーのようなものが乗っていたけど、食べてもわからなかった(汗)お皿のソースの絵、芸術的ですよね。シェフのこだわりがいろいろなところに見られました。

ほんと、いい仕事してるねぇ!

大変満足のいく夜でした。 Grazie!(グラッツィエ)

コース二人で3,880円(生パスタは300円増し) 金額差が300円あったので ★★★★☆ 惜しい!

12月のEmpty Rain

文部省唱歌にある「四季の雨」三拍子に乗った叙情的なメロディに日本を育んだ綺麗な四季の情景が聞き手の心を落ち着かせますよね!この歌、作詞作曲者は不詳なのですが、歌は若い世代へと引き継がれ歌われるのですね。

降るとも見えじ春の雨 水に輪をかく波なくば
けぶるとばかり思わせて 降るとも見えじ春の雨

俄(にわ)かに過(す)ぐる夏の雨 物干し竿(ざお)に白露(しらつゆ)を
名残(なご)りとしばし走らせて 俄かに過ぐる夏の雨

おりおりそそぐ秋の雨 木の葉(このは)木の実(このみ)を野に山に
色様々(さまざま)に染めなして おりおりそそぐ秋の雨

聞くだに寒き冬の雨 窓の小笹(おざさ)にさやさやと
更行(ふけゆ)く夜半(よわ)をおとずれて 聞くだに寒き冬の雨

20181624傘

さて、僕の歌の中にも雨をテーマにした歌がいくつかありますが、12月のEmpty Rainは、僕の声域の良い場所が 出る作品かもしれません。自分の中で酔える歌、歌っていてつい全力になってしまう歌です。

 

12月のEmpty Rain :   作詞作曲 よしはる

1.身体寄せて最後のKissを 忘れないでと別れを惜しむ

置き去られた10カラットのメモリー 涙で濡れたイエスタディ

色を失くした Heart Beat 心は変わらないのに

明日の輪郭さえ ぼやけたままで

君を待たせた時間が長すぎたから

戻れない何かが狂ってしまったから

2.いつの間にか降り出した Empty Rain 心のドアをやるせなく叩く

掛け忘れたこんな小さな鍵が 君を切なくさせて

許して欲しい Foolish Heart 君を抱き止められずに

もう一度やり直すことさえ出来ないままで

君を待たせた時間が長すぎたから

戻れない何かが狂ってしまったら

戻れない何かが狂ってしまったから

 

↓YouTubeの映像はこちらから

中華そば「よしかわ」もしかして「おかもと」

日も暮れ、少々お腹の虫が騒がしくなってきた19時の町。前回同様いつも僕の愚痴を聞いてくれるKちゃんと一緒に17号久保の交差点を曲がり伊奈方面へ5分ほど走った場所にある北上尾、中華そば「よしかわ」に行ってきました。僕の頭の中では店名をしっかり「おかもと」と記憶していて、「今日上尾のおかもとへラーメン行こう」って言ったらおかもと?って不思議そうな顔をされてしまいました。真相がわかった途端、二人でお腹を抱えて笑っちゃいました。「よしかわ」「おかもと」どう考えても似てないね(汗)思い込みとはホント恐ろしいものだ。

平日でしたが夕飯時なので駐車場にはそこそこ車が止まり、人も入って賑わっていました。大きなテントのような暖簾?をスルーして簡素なプレハブ風の店内に入り券売機に向かうと、ナント!人気の限定ラーメンは売り切れ!

仕方なく、またまた前回同様、煮干しそば黒醤油&白醤油&いわし丼の食券を買い、待つこと5分ほど。来ましたよ。ご対面~

 

麺は中細のストレート。少々固めだがスープとの相性はなかなかのもの。ただし、この硬さは好き嫌いがあるかも?出し汁は上品な煮干しの味が口の中に広がります。いやな魚臭さはなく美味しくいただけます。また、各テーブルに置いてあるレモン酢を仕上げに入れて食べると、スープがあっさり、すぅ~っと喉に入ってきますよ。これ、癖になるお味。具は半熟の味玉、自家製チャーシュー、メンマ、海苔、三つ葉、刻みネギ、どれもバッチリ。

 

いわし丼、僕のような大食漢には有難いメニューです。いわしも新鮮で生臭さがありません。ごはんにかかってる甘めの醤油、これも美味しいね!

食べログで高得点を出すお店はやっぱり違うなぁ。

北上尾のCafe T’s Palでオープンマイクがある時は、少し早めに出て中華そばお腹に流し込んでから歌おうっと!「おかもと」

ごちそうさま!おいしゅうございました

「おかもと」もとい「よしかわ」

 

 

 

Larriveeだいしゅき!! ~東京2010~

僕とLarriveeの出会いは1979年の冬。中山道、西武デパート(今はドンキとかパチンコ店が入る雑居ビルになっています)の斜向かいに「ニコニコ堂」なる楽器店があったのです。店長のSさんが、「よっちゃん、すごいのが入ったよ。カナダのラルビー(最初はラルビーと呼ばれてた)おじさんとウェンディーさんの芸術的なギター、ちょっと見てよ!」わー!すごく綺麗!一目見ただけで、衝撃と物欲が走ったのは、お察しのとおり。この頃はプータローだったから、お金がなくて・・・(あっ、今でも無い)S店長に極限のあいそを振りまいて、腕につかまり、ゴロゴロしながら分割払いのお願いをしちゃいました。バレンタインの季節だったから、メリーチョコレートの販売員のアルバイトをして2括で買いました。(きれいなお姉さんにチョコレート売りまくり。)

当時YAMAHAのL-52って言う真黒なカスタムギターを持っていたけど、それからというものは、どこで演奏するのも、Larriveeオンリーになっちゃいましたからね。ルックスも音も抜群でした。

Larriveeはカナダの材木商で、貴重な材と良質な材をたくさんストックしているらしい。個人的にキラキラしたギターが大好きなので、Larriveeギターは、トラトラのメイプル、コア材のギターを買いました。ハカランダも生涯1本は持ちたいけど、材の高騰で7桁の金額のギターがざらですから・・・いつかは一本所有したいですね。

さて、現在所有しているLarriveeギターは90年代に製作されたC-10とLV-10、前述のとおりメイプルとコアのトラトラ。インレイはDragonとMucha Ladyアバロンがとても素敵に輝いています。

美女と野獣

コアヘッドメイプルヘッド

やはり、ナット・サドル・ブリッジピンは象牙、ペグボタンもカスタマイズ。

Larrivee C-10Mを使用したLIVE映像です

浦和コムナーレ多目的ホール:2010.5.10 よしはる&ZZ-POPオーケストラ 「東京2010」

東京2010  : 作詞作曲 よしはる

1.ビルとビルとの間にわずかな自然があるという

君はそんな町に期待と夢を膨らませて

僕の好きなこの町を 自分一人でやってゆけると

胸を張って出て行ったじゃないか

なのに今日届いた手紙には 負け犬になって暮らしていると

東京は東京は 重なる街のシルエット

色塗られた少しの隙間じゃ 夕焼けは見られない

2.大人も子供も汚れた人波に流れ流されて

同じことの繰り返しなのに 何度も躓いて

君は街に負けたというのか 都会の暮らしに負けたというのか

人の心に負けたということなのかい

だから今日届いた手紙に 夕焼けが見たいと書いてあったのかい

東京は東京は 交差する点と線と

彩りが多すぎて 夕焼けは見られない

東京は東京は 東京は東京は

夢破れて涙の瞳じゃ 夕焼けは見られない

 

↓YouTubeの映像はこちらから

 

苦い酒

「海の見えない町」YouTubeに無事アップされました。映像編集も奥が深そうです。徐々に勉強していくことにしましょう。
さて、気を良くして「苦い酒」もアップロードしてみました。

メドレーで続けた2曲目だったので、映像の切り出し場所に苦労しましたが、まぁこんなところで良しとします。

「苦い酒」は、20歳の頃に、イトーヨーカ堂の鮮魚配送センターでバイトしてた時に作った曲。一緒に働いてた仲間とも疎遠になってしまい、風の便りも届かなくなってしまいました。このブログを見たらぜひ、連絡くださいね!

苦い酒         作詞作曲 : よしはる

1.お前を棄てたあの日からだぜ 飲む酒の味苦く虚しい

まだ遠くならないお前だからか 深い夜のとばりの中で見え隠れする

誰がお前を棄てたのか 誰が俺を冷たくさせたのか

もうわからない俺の心 回路パニックさ

今夜も俺は苦い苦い 酒の油を注ぎ入れ

走りだそうとする 俺の心を麻痺させる

2.お前の残した手鏡見ても 写るのは俺だけ疲れた俺だけ

殴ったこの手の余韻だけが 乾いた部屋の中で空回りする

誰がお前を棄てたのか 誰が俺を冷たくさせたのか

もうわからない俺の身体 痺れちまってさ

今夜も俺は苦い苦い 酒の油を注ぎ入れ

走りだそうとする 俺の身体を麻痺させる

今夜も俺は苦い苦い 酒の油を注ぎ入れ

走りだそうとする 俺の身体を麻痺させる

 

↓YouTubeの映像はこちらから

海の見えない町

以前から、YouTubeに演奏の画像をアップロードしたいと思ってました。

録画したムービーの編集とか難しいんだろうなぁ?

悪戦苦闘の末、何とか2011年5月10日のLIVE映像から「海の見えない町」を抜き出してみました。まだまだ、編集は未熟です。どなたか詳しい方いらっしゃいましたらご指導のほどお願いいたします。

さて、LIVE当日は、古くからの音楽仲間のたまちゃん、としあき校長、ぽちくんにサポートをお願いして、よしはる&ZZ-POPオーケストラ(凄いネーミングですね)のユニットを組ませていただき、1時間強とても気持ちよく演奏させていただきました。

「海の見えない町」は、18歳の頃、メジャーセブン、マイナーセブンのコードのつなぎで作った歌です。歌詞も当時のものをリニューアル。海を背景に四季の描写を取り入れてみました。

 

海の見えない町  :  作詞・作曲 よしはる

1.忘れたいほど思い出は消えない まして君との生活は

遠くでカモメが翔び交う港の 漂う空気も二人のものだった

突然の別れは僕を弱気にさせ 海に佇む女性を追って

春の砂浜で子犬を抱き上げて 夏の日差しに眩く微笑んで

遠くの町へ行ってしまいたい 海の見えない町へ行きたい

君のことを忘れられる 海の見えない町へ行きたい

2.波の吐息で君の声は消えて 僕の呼びかけも届かない

波打ち際にはもう拾う人もいない 瑪瑙の小石や桜貝

突然の別れは灯台が点り出す 失くしたばかりの思い出を

秋の夕日に海が赤く染まる 雪あかりの砂ひっそりと潮騒が

遠くの町へ行ってしまいたい 海の見えない町へ行きたい

君のことを忘れられる 海の見えない町へ行きたい

 

↓YouTubeの映像はこちらから

Guppyの映像はこちら

Martin CEO-1というギター

さて、今年は、7月に猛暑が続き、8月は暑さがなりを潜め、台風、低気圧の影響で長く雨が降りました。

9月は、気持ちのいい日が続いてほしいなぁ~

今日は、僕の一番のお気に入りのギターのお話。1997年にクリス・マーチン4世のコンセプトが取り入れられ、リミテッド・エディションとして発売されたCEO’s Choice。CEO-1とCEO-1Rと2タイプ(サイドバック・マホガニー及びローズウッド)が それぞれ128本、191本製作されています。

この限定生産の文字、心の奥深くに「ほしい欲しいホシイ」が大きく響いてしまいました。と言うかこのギターの存在、発売されてからしばらくして知りました(汗) 今は、僕の手元でなくてはならない大切な一本になっています。

本当は、オリジナルのままにしておかないと、MARTINファンにそっぽを向かれちゃうのだけど、こんな、レアなギターにも、僕の頭の中には、カスタマイズしろって言う悪魔の囁きが聞こえてきちゃうんですよね。手を加えることで、愛着がどんどん深くなると言うか・・・

で、やっぱりやっちまいました。

全体-2ラベル-2

128本のうちの120本目、トップはシトカスブルース、ポジションマークはアヴァロンのヘキサゴン輪郭、20フレットにはなんと、CF MartinⅣのインレイが入っています。

サイド裏板-2ブリッジピン及びサドル-2

厳選されたマホガニーのサイドバック、象牙のブリッジピンとサドル。ブリッジピンの飾りはなんと鼈甲

ヘッド-2ペグ-2

ヘッドとペグ  ここもギヤ比18:1のGroverにローズウッドのペグボタンに換装 ナットももちろん象牙!

弦高もバズる寸前まで下げて調整し、L.R.BaggsのANTEMを取り付けエレアコ化、納得のいくカスタマイズが出来ました。

Martin CEO-1、経年でますます進化中。

さて、このギターで10月15日、南浦和宮内家ライブ、The 70’s windで頑張ります。パワフルな森ちゃんのギター、今回は島ちゃんのウクレレを交え楽しく演りますよ! 詳しくは宮内家ライブスケジュールでご確認ください。

当日は、僕の大好きな「みほりょうすけ」さんとご一緒させてもらいます。みなさん、ぜひ、足をお運びください。

遂にブログ公開!

4月にサーバー契約をして、8月にしてようやくブログを始めることが出来そう・・・(涙)

これから僕自身のギター&音楽活動の記事を書いて行こうと思っています。よろしくお願いいたします。

8月5日(水)、Encore渋谷において”Shout at the Guitar”という企画LiveにThe 70’s Windのユニットで出演。楽しいひとときを過ごさせていただきました。おいでいただいた皆様、共演させていただいた高橋 淳さん、 Hiro さん soma latteさん、ありがとうございました。

演奏曲

1.海の見えない町

2.All My Love’s For You

3.苦い酒

4.12月のEmpty Rain

5.月明かりの席で

どんな曲か、興味のある方は、こちらからどうぞ!

http://www.muzie.ne.jp/artist/r010965/